不眠症を克服し、ぐっすり眠る方法

不眠の要因

不眠の要因は様々ですが不眠症で悩む方は年々増えています。

 

もっとも多い要因としてはストレスによるものです。

 

精神的にショックな出来事があったり、仕事などでプレッシャーなどを受けて過度なストレスがあると不安感から不眠になるということが多いです。

 

これは一過性のことも多いのでストレス要因が取り除かれれば治ります。

 

ストレス以外では精神的・医学的要因による不眠です。

 

こちらは「うつ病」や「総合失調症」など心療内科や精神科でみられるような精神疾患による不眠です。

 

この場合には医師による治療が必要になります。

 

また、「身体的要因」によるものもあります。

 

気管支喘息や気管支炎、肺疾患などによる呼吸困難でせきが出て眠れないというものです。こちらも要因となっている喘息などの諸症状を改善する必要があります。

 

非常に稀な例ですが、「夜間ミオクローヌス」という骨格筋の不随意収縮(てんかん)が寝ている間におこって不眠になる場合もあります。

 

その他、アルコール依存症や薬物中毒による不眠もあります。お酒を飲まないと眠れないという方ですね。

 

基本的には原因によって最善な対処方法は異なりますので原因を把握するというのが最初のステップとなります。

 

当サイトでは基本的にはストレス性の不眠を改善する方法について主に話題として採り上げます。